映画「ラストサムライ」 あらすじと紹介 - 映画、ドラマ何でもござれ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「ラストサムライ」 あらすじと紹介

映画「ラストサムライ」 あらすじと紹介


映画「ラストサムライ」 紹介


映画「ラストサムライ」は日本の武士道を描いた映画で、
舞台は日本の明治維新。

主人公のネイサン・オールグレン役にはトム・クルーズ
海外でも話題になった「勝元」役には渡辺謙が出演しいます。

渡辺謙のハリウッド進出もこの映画ががきっかけだったですよね。

その他にも、小雪、真田広之など今では海外でも活躍するメンバーが
出演しています。

【送料無料】ロボット小雪



映画「ラストサムライ」 あらすじ

南北戦争では北軍の仕官として参戦したネイサン・オールグレン大尉。

しかし、戦争とは関係のない部族への攻撃や
子供までも殺してしまったことで、トラウマになっていた。

そのトラウマから逃れるべく、今ではアルコール漬けの毎日。

ある日、日本政府の大臣、大村松江がオールグレンを軍隊の教官として
雇いにくる。

オファーを受け入れたオールグレンは日本へ向かうのだが、
そのころ日本では新政府に対して士族反乱が首領勝元によって起きていた。

オールグレンが訓練を始めてまもなく、
勝元と戦うことになった。

オールグレンはま戦う段階ではないと言うのだが・・・。

実践経験は全くなく、もちろん意識して人を傷つけたこともない
新政府軍に対して、

毎日、武道に精進しつづけ実戦経験もある勝元軍。

勝負は一瞬にしてついた。

やはり新政府軍は装備は近代的だが、実践経験があまりにも
なさ過ぎたのだった。

オールグレンは死は免れたが、
捕虜として勝元の本拠地である村に連れて行かれたのだった。

最初は戸惑いながらも、やがて村に溶け込んでいくオールグレン。

村人も最初はオールグレンを敵視していたが、
氏尾(真田広之)との剣術指南で引き分けたことで急速に受け入れ始めたのだった。

ある女性、「たか(小雪)」を除いては。

それもそのはず、戦とはいえ「たか」の夫を殺したのは、
オールグレンだったのだ。

そんな「たか」もやがては、オールグレンを許すことになる。

そしてオールグレンが開放される日がやって来た。

勝元は明治天皇を訪れる。

天皇は何も言わなかったが、大村大臣が勝元に刀を捨てるように
促すが、それには従わない勝元。

勝元は幽閉され、裁判を待つことになり、
大村はこともあろうか、オールグレンへ刺客を放つ。

オールグレンは刺客を返り討ちにし、勝元を救出し
一度村へ帰ることに。

しくじった大村は勝元と決着をつけるべく、
勝元の村へ軍隊を送った。

今度の新政府軍は以前と違い、鍛えに鍛えられた新生新政府軍である。

以前のような失敗をするような軍隊ではなかった。

一方、勝元もオールグレンの作戦のもと、
新政府軍を迎え撃つべく準備を整えていたのだった。

ここに、勝元軍と新政府軍との火蓋がきって落とされた。

勝敗の行方は、そしてオールグレンのその後は?



映画「ラストサムライ」ですが、
実はケビン・コスナー監督の映画「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に
内容が非常に似てるとか言われているようです。


ケビン・コスナー/ダンス・ウィズ・ウルブズ 【Blu-ray】


確かに、ストーリー的には同じですね^^
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://doramamovietv.blog90.fc2.com/tb.php/34-857c6ce6

スカルプケア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。