映画「ジュリエットからの手紙」 あらすじ - 映画、ドラマ何でもござれ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「ジュリエットからの手紙」 あらすじ

映画「ジュリエットからの手紙」 あらすじ

世界の名作「ロミオとジュリエット」。

ロミオとジュリエット

イタリアのヴェローナには「ジュリエットの家」があり、
今でも多数の恋に関する手紙が送られてくるとか。

この物語はジュリエットの家で偶然、
壁の中から見つけた手紙から始まる50年越しの恋の物語です。


日本でも現代日本版のロミオとジュリエットが公開されましたよね。
若手実力者俳優と女優による「ロミオとジュリエット」でした。

結構人気あったような・・・

ロミオとジュリエット



あらすじ


ある2人のカップルがイタリアのヴェローナを訪れていた。
ソフィとその婚約者のヴィクターだ。

ソフィはニューヨーカー誌の調査員、婚約者のヴィクターは料理人であった。

ヴィクターは、自分のレストランの開店が迫っているため
ソフィそっちのけで、ワインや食材の仕入れをしていた。

暇で面白くないソフィは1人であるところを訪れる。

それは名作「ロミオとジュリエット」のジュリエットの生家であった。
ソフィらが訪れたイタリアのヴェローナにはジュリエットの生家があったのだ。

ジュリエットの生家には今でも、恋の悩みを書いたジュリエット宛の手紙が
年間に5000通も送られて来ていた。

壁一面に張り巡らされた手紙、そして「ジュリエットの秘書」と呼ばれる女性たち。

彼女らはジュリエットの生家に届いた手紙に返事を書いていたのだ。

そしてソフィが偶然に壁の中から見つけた50年も前の手紙。
ソフィはジュリエットの秘書たちに、この手紙の返事を書きたいと告げる。

手紙の主は、イギリスに住む女性で名前がクレア。

50年前にイタリアを訪れロレンツォという青年と恋に落ちたが、
両親の反対を恐れて1人でイギリスに帰ってしまいそれっきりだった。

ジュリエットからの手紙を受けとったクレアは、
再びロレンツォと再会するためイタリアへやってきた。

ロレンツォ探しの旅の始まりである。
同行するのはソフィとクレアの孫のチャーリー。

意気揚々と始まった3人の旅であるが、当のロレンツォが見つからない。

そして、ロレンツォが見つからないまま旅の最終日を迎える。

偶然通りかかったブドウ園でクレアは自分の目を
疑うかのような光景を目にする。

最後の最後でクレアが見つけたものとは・・・。



主演のソフィ役には映画「マンマ・ミーア!」のアマンダ・セイフライドが
出演しています。

【送料無料】マンマ・ミーア! ...

【送料無料】マンマ・ミーア! ...
価格:1,619円(税込、送料別)


【送料無料】マンマ・ミーア! 【初回生産限定】

また「ジュリエットからの手紙」の監督は
「シャーロットの贈り物」のゲイリー・ウィニックというから
それだけでも大いに期待できますよね。

シャーロットのおくりもの スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://doramamovietv.blog90.fc2.com/tb.php/31-b5e7a791

スカルプケア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。