ドラマ「名前をなくした女神」 第5話感想と第6話あらすじ - 映画、ドラマ何でもござれ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ「名前をなくした女神」 第5話感想と第6話あらすじ

ドラマ「名前をなくした女神」 第5話感想と第6話あらすじ

第5話感想

真央、すっごいコンプレックスの塊ですね。

しかも性格も悪いので、余計にたちが悪い。

今のところ真央VS侑子がやたら強く出ていますよね。

普通、自分からこのママ友グループから抜けるか
真央を避けて無視するかするのでしょうが、
侑子はどうするのか見ものですね。

しかし真央の借金は、家族崩壊になるのでは?

子供のためが自分の見栄のためになってますしね。


第6話あらすじ

真央の策略でまんまと、ちひろから裏切り者の
レッテルを貼られてしまった侑子。

「裏切られることには慣れているから」と寂しい言葉とともに
侑子の静止を振り切って立ち去ってしまう、ちひろ。

一方、東郷チャイルドスクールでは、父親だけを集めて
受験する子を持つ父親のためのセミナーが行われた。

このセミナーが父親に与える影響が結構大きく
利華子の夫、圭は家事に積極になり利華子を助けたり、
朝の散歩を子供とするように言うなどセミナーがプラスになった家もあれば、

レイナの夫のように、レイナの過度の教育が嫌になって
さらに距離が広がるなどマイナスになる家もあった。

そんなある日、幼稚園の遠足が行われることに。


また、新たな火種?


「名前をなくした女神」では結構性悪な女役の倉科カナ。

以前はよゐこの浜口とうわさになったことも。

倉科カナのカップは何と・・・↓


【送料無料選択可!】ビーチ・エンジェルズ 倉科かな in サウス・ストラドブローク島 / 倉科カナ


ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://doramamovietv.blog90.fc2.com/tb.php/30-5ec1c6a2

スカルプケア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。