ドラマ「名前をなくした女神」 第4話感想と第5話あらすじ - 映画、ドラマ何でもござれ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ「名前をなくした女神」 第4話感想と第5話あらすじ

ドラマ「名前をなくした女神」 第4話感想と第5話あらすじ


第4話感想

健太が仲間外れにされた理由というのが凄いですね。

まさか、リベンジと復習を混同するとは
普通は思いもよらないですから。

でも、これが現実でも起こりうることだと思います。

子供には真っ直ぐに成長してほしいです。
そのためには、やはり親が手本となるようにするべきなんですね。

ドラマ「名前をなくした女神」はママ友のドロドロした関係を
描いたものですが、それだけに反面教師のようで役に立ちますよね。

東郷チャイルドスクールのペーパーテスト。

健太が一番だったので何かある?と思ってましたが、
やはりここをつかれるんですね。

今のところ、ドロドロ関係の最たる原因は真央ですが、
他にも出てくるのでしょか?

でも、ドラマながら健太にはこのまま真っ直ぐに
育って欲しいですね。


第5話あらすじ

これまでの問題の種が芽吹き始める。

ちひろは、夫に内緒だった清掃員のパートがバレてしまう。

レイナは義母の奈津江との関係が悪化し始める。
奈津江が娘の彩香の食事、教育方針にまで
口を出し始めたからである。

一方真央は、娘の羅羅を子役スターにしようとつぎ込んだ
カードの返済に頭を抱える。

そんなとき、また、侑子たちの関係を
悪化しそうなことが起きる。

東郷チャイルドスクールの塾長、百合子と侑子たちが
面談をしたのだった。

百合子は、侑子には息子に名門私立の幼稚舎の受験を薦めるが
レイナには山吹女子学院の初等科を薦める。

しかしレイナは娘の彩香を幼稚舎に行かせたかったのだった。

このことをきっかけに、侑子とレイナの関係が・・・



レイナ役の木村佳乃。
実際の夫の東山紀之との間に子供ができたようで。

子育ても現実味を増したわけですね。

以外にも、「名前をなくした女神」で結構学んでいたりして。


 【中古】【20110506】女性アイドル写真集 木村佳乃メモリアルブック YX Yoshino’s 10years【...
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://doramamovietv.blog90.fc2.com/tb.php/25-9f36ba3a

スカルプケア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。