映画「少女たちの羅針盤」 あらすじ - 映画、ドラマ何でもござれ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「少女たちの羅針盤」 あらすじ

映画「少女たちの羅針盤」 あらすじ

映画「少女たちの羅針盤」はミステリー小説「少女たちの羅針盤」を
原作とした映画です。

【送料無料】少女たちの羅針盤

主なキャストには「シーサイドモーテル」の成海璃子、
「BECK」の忽那汐里、「斬 KILL キリコ」の森田彩華、
「青い青い空」の草刈麻有が出演。


あらすじ

楠田瑠美(成海璃子)、北畠梨里子(森田彩華)、来栖かなめ(草刈麻有)、
江嶋蘭(忽那汐里)の4人とともに結成した劇団「羅針盤」。

ここが全ての始まりだった。

楠田瑠美、北畠梨里子、来栖かなめ、江嶋蘭の4人の
名前に入っている「東西南北」。

それでつけた名が「羅針盤」。

若手演劇集団の登竜門で優勝を目指すまでに成長した頃
メンバーの1人が殺される事件が起きてしまった。

時は流れて4年後、廃墟となったホテルで、
ネットシネマの撮影が始まろうとしていた。

ヒロインを演じるのは舞利亜。

しかし、ヒロインを舞利亜に変更したはずのシナリオが届かない。

そして、いつの間にか衣装に入れられた脅迫状。

舞利亜は見えない恐怖に包まれていくのだった。

舞利亜には封印した過去がある。

それは、4年前の劇団「羅針盤」のメンバーが
何者かに殺害された事件。

その4年前の真相が今、明らかになる。



家ではよく演技合戦になるという草刈麻有。
この映画でも演技合戦が役にたったようです。

東京少女 DVD...

東京少女 DVD...
価格:8,786円(税込、送料別)


東京少女 DVD-BOX3
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://doramamovietv.blog90.fc2.com/tb.php/23-7e937095

スカルプケア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。