映画「おとうと」 あらすじ - 映画、ドラマ何でもござれ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「おとうと」 あらすじ

映画「おとうと」 あらすじ


映画「おとうと」は、女1人で娘を育ててきた姉と
芸人を夢見て、自由気ままに生活する弟との再会と別れを描いた映画です。

主演には姉の高野吟子役に吉永小百合、
その弟の鉄郎役に笑福亭鶴瓶が出演しています。

2人はあの映画「母べえ」でも姉弟役を演じていましたね。

映画「おとうと」の鉄郎は、その性格のためか、
家族からも疎まれる人物で、絶縁もされます。

しかし姉だけは、絶縁後も心配し捜索願まで出しています。

この映画で「家族」ということについて
考えさせられるのではないでしょうか?

監督は「学校シリーズ」の山田洋次監督。
山田洋次監督の映画に初出演で娘の小春役を演じるのは↓

蒼井優/b...

蒼井優/b...
価格:3,990円(税込、送料別)


蒼井優/blue

山田監督の大ファンで、山田節には感銘を受けたそうです。
また、山田学校1年生として非常に良い経験もできたとか。



あらすじ

東京のある私鉄沿線の商店街に姉、高野吟子が暮らす家はあった。

その家は「高野薬局」。

吟子は夫をすぐに亡くし、女一人で育てた娘、小春と義母の絹代の
3人で暮らしていた。

そんなある日、立派に成長した娘、小春とエリート医師との結婚が決まり、
一家は幸せな思いに。

結婚式の日、居所が分からなかった弟、鉄郎が式場に現れる。
しかし、酔っ払って、式を台無しにして、吟子の兄から絶縁されてしまう。

鉄郎の件もあったのか、小春の新婚生活は長くは続かなかった。

再び、3人での生活が高野薬局で始まった。

ある日、高野薬局に鉄郎の恋人と名乗る女性が訪れ、
鉄郎が書いた借用書を見せられる。

どうも、鉄郎との連絡が取れなくなり、ここへやって来たようだった。

心優しい吟子は女性を哀れに思い、なけなしの貯金をすべて
女性に渡すのであった。

そこへ、鉄郎が現れ、口先だけの言い訳をする。
これには流石の吟子も絶縁を言い渡す。

この後、鉄郎の消息はプツリと消えてしまう。
しかし、吟子だけは最後に合ったときの
鉄郎の顔色の悪さが頭から消えないでいた。

それで、家族には内緒で大阪の警察に捜索願を出していたのだった。

そんな折、警察から鉄郎が見つかったとの連絡が・・・。

見つかったには救急車で鉄郎が病院へ運ばれたからであった。

鉄郎との再会をした吟子。
しかし鉄郎の体はある病魔に蝕まれていたのだ。

「余命数ヶ月」
医者からの非情な通告だった・・・。

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://doramamovietv.blog90.fc2.com/tb.php/22-936a49a7

スカルプケア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。